生命保険 見直し 内容

必要保障額に対して保険金が不足していることが多い

さくら 保険といえば万が一の際に保険金を受け取ることができる、と考えている方も多いと思います。
確かにその通りではあります。
ではその保険金はいくら程必要なるでしょうか?もちろん状況によって必要となる保険金は変わってきます。
その目安が必要保障額ですが、誰しもたくさんお金が貰えればそれに越したことはありません。

 

しかし生命保険は受け取る保険金が大きければ大きいほどその分月々に支払う保険料も増していくため負担も大きくなってしまいます。
この負担を抑えようと保険金を低く設定してしまえば、保険金を受け取ったとしても将来的に不足になることになります。
こうした点を考慮し、さまざまな要素から計算した値を必要保障額として設定するべきでしょう。

 

しかしこうした計算において最適な必要保障額を算出できたとしても、それでも保険料を節約したために、困るのは不足が発生してしまった場合です。
必要保障額という考えを知らなかったが為に、「取り合えず死んだら葬式代が出ればいいんじゃないの?」と、気軽に保険金を設定したために、保険金が数年でつきてしまい、大学進学を諦める子供もいるそうです。

 

こうした事態に対処するために、まずは現時点での必要保障額を算出して、今手持ちの生命保険の保障額を確認する必要があります。
欲を言えば、生活を保障する目的の死亡保険は、定期的に必要保障額を見直す必要があるといえるでしょう。

保障が古くて使えない保険になっていることもある

さくら 保険、といってもその種類は数多くありまたこの先にも保険会社は新商品を出していくでしょう。
保険によっては数十年の期間を加入するものも少なくありません。
加入当時は最新の保険であったものの現在ではその保険の内容は古くなっている可能性も考慮することができます。
古い保険の問題点として現状にマッチしていないということがあります。

 

さすがに数十年単位ともなれば法律の改正などによって社会も少しずつ変化していっています特に医療技術や医療環境の変化は目を見張る物があります。
例えばその一つとして医療制度を挙げることができるますが、新しい保険の場合ですとこうした最新医療制度を考慮して考案されています。
しかし古い保険の場合では当然ながら当時はそんな医療制度はありませんでしたので、やはり新しい保険のほうがより現状にマッチしていると言えます。

 

また近年では高齢化が社会問題となっていますが、昔と比較すれば医療も進歩しているために寿命が長くなっている傾向にあるためです。
この点保険に照らしあわせてみると保障期間の長さも違ってきますので特に医療保険は古く保障期間が短い保険であれば、新しいものに乗り換えたほうが良いといえるでしょう。

違う種類の保険なのに保障が重なっていたらムダになるかも

保険は目的に応じて様々な種類に分かれています。
しかしなかには違う種類の保険であっても保障の内容が重なってしまうことがあります。

 

例えば万が一のことを考えて医療保険に加入している方も多いと思いますが近年では日本における死因のワースト1としてがんがあることからがん保険への加入を考えている方もいるのではないでしょうか。
医療保険の場合ですと病気や怪我全般での治療にかかる費用の補助を目的としたものですが一方がん保険は医療保険のなかでもがんに特化したものであるといえます。

 

ですので医療保険に入っている場合でも万が一がんにかかってしまえば保障の対象とはなりますががん保険の場合ではより手厚い保障を受けることができ医療保険とはその内容が異なるものとなっています。
しかし問題は保障が重なっている部分です。
保障が重なってしまえばその分どちらか無駄といえますのでなかには医療保険にしか入っていないという方も少なくありません。
ですががんの治療には長期の入院が必要となることもあります。この点医療保険の場合は支払限度日数といったものから満足な保障を受けることができない可能性もあるでしょう。

おすすめ生命保険の無料相談

保険マンモス
ファイナンシャルプランナーを派遣

マネモ
1100以上の保険店舗から選べる

保険マンモス1

マンモス2

 

生命保険のプロFP(ファイナンシャルプランナー)がご自宅や会社などを訪問してくれる、生命保険無料相談サービス。お客様満足度95%、FPの提案が気に入らない場合は簡単に断れる気軽さが好評。相談は何度でも無料!

マネモ1

マネモ2

マネモ3

マネモ4

 

全国の生命保険ショップ1100店舗以上と提携している、保険の店舗相談まとめサイト。Web申込必須項目が20以上ある保険相談が多い中、マネモのWeb申込必須項目はたったの9項目。相談は何回でも無料!