生命保険 見直し 方法

保険料を安くしたいなら見直しましょう

さくら 高い保険料を毎月払っていると家計を圧迫することがよくあります。 しかし、保障内容を細かく見直していけば、少しずつでも保険料を削っていくことが可能です。

死亡保険は「必要保障額」で節約できるかも

定期保険や終身保険など、保険をかけられている人(被保険者) が死亡したときに保険金が出るタイプの保険を、死亡保険といいます。
死亡保険は、被保険者の死亡時に支給される死亡保険金の大きさと加入時の年齢によって、保険料が上下します。

ということは、もし死亡保険の保険金が過大な状態になっているのなら、死亡保険の保険金を適正にできれば保険料が下がる可能性もあるのです。
では、どうやって「適正な保険金」を算出すればいいのでしょうか?それが「必要保障額」になります。
必要保障額の計算方法は長くなるので、別ページの「保険金額設定の基礎!必要保障額」で詳しく解説しています。

給付金日額が高すぎませんか?

医療保険も保険料が高いですよね。ですが医療保険も見直し方法があります。

代表的なのは入院給付金の日額を削る方法で、15,000円を10,000円に、10,000円を5,000円に下げれば、保険料も安くなります。

入院給付金の給付日数も、180日や120などの長い保障日数の人なら、一般的な60日タイプに変えることで保険料を下げることができます。
保障開始日を遅くするという見直しも有効で、日帰り入院から保障される契約を、日帰り入院の保障無しで入院1日目からの給付にすれば保険料が安くなります。

保険の目的と比較が大事!

保険を見直すために新しい保険に加入するとき、今加入している保険が考え抜いた末に加入した保険であればあるほど、なおさら見直しには二の足を踏んでしまいます。
しかし、本当に必要な保障を絞ってしっかり見直せば、保険料が安くなる可能性はかなり高いのです。
同じ保障をする生命保険でも保険会社が違えば月々何千円、もしかしたら万単位の節約につながるかもしれません。

例えば定期保険などは、同じ三千万円の保険金でも、損保会社のグループ生命保険会社の健康体割引が効いた保険料は、有名生命保険会社の同じ保障額の定期保険の半額以下になることもあるのです。

さらに色々な保険に加入している人は、保障内容が重複していて、必要以上の保障額に対して高い保険料を払い続けている可能性があります。
保険料を安くしたいのなら、必要な保障だけを選ぶことにこだわりながら、同じ保障でも安くできる保険会社を見つけるために複数社の保険商品を比較しながら見直しましょう。

さくら確実な見直しで保険を節約しましょう

と言われても、よくわからないですよね

保険料を抑えて保障を厚くする方法を

保険のプロ・FPが無料でアドバイス

保険無料相談保険マンモス保険無料相談

今加入している保険が古くなったら見直しましょう

さくら 生命保険に加入している人は安心してしまっていて、加入後全く見直さない人がよくいます。

生命保険は、死亡時や高度障害に対しての保障、病気に対しての保障、老後の生活のための年金タイプ、要介護時の保障、子どもの教育資金の積み立てなどのための保険など、色んなタイプがあります。
主に見直し対象になるのは、死亡保険と医療・がん保険になるでしょう。

死亡保険の見直しが必要な理由

若い夫婦で子供が小さい場合、大黒柱が急に亡くなったら生活(費)を維持できませんし、教育費を捻出できず子供が高校も大学も進学できなくなるかしれません。
それを見越して死亡保険金を大きく設定した保険が、子供が大きくなって保障すべき金額が減っているのに昔のままの保険金額のままだと、無駄に保険料を払い続ける事になるかもしれません。
死亡保険は時の経過と共に減額できる可能性が大きくなる保険と言えるでしょう。

ですが、講義に保険飲み直しという意味では今加入している死亡保険金が少なすぎて、万一明日にでもご主人が他界した場合、遺族年金をもらったとしても生活が困窮するでしょうし、子供の進学を諦めなければならないかもしれません。
そうならないよう、本当に必要な死亡保険金額を必要保障額によって割り出し、保険金を増額する必要もあるかもしれません。

医療・がん保険の見直し理由

先に書いたように、保険料が高すぎるので無駄な保障を無くして入院保障日数を減らす事が必要になるかもしれません。
ですが、保険会社から常に新しい保障が出ていたり、医療技術の進歩などで保障内容が変わっています。それゆえ、古くなってしまったときは、医療・がん保険を見直す必要もあります。

医療・がん保険のランキングなどを見ていると、時代や最新医療技術、介護環境などに合わせて保障が変化しているのがよくわかります。
医療保険やがん保険は、対応できる病気の種類や新型の治療方法などによって、対応範囲の広いものに変えていくかまたは新しく追加する必要があります。

古い保険は、後から発売されたものと比較して保障が無い病気や部位もあり、手術をして保険金を目当てにしても、結果的に保障対象外となり、保険金が下りないケースも出てきます。
そうした事態にならないよう、今加入している保険が古くなったら、しっかり見直していきましょう。

さくら今加入してい保険は大丈夫ですか

保障内容を把握していますか?

保険内容の診断から始めましょう

保険のプロ・FPが無料でアドバイス

保険無料相談保険マンモス保険無料相談

歳と共に不要になる保障と保障の重複も無駄な保険

さくら 歳や年月と共に不要になる保障なら無駄と言えるでしょう。例えば、子供が経済的に自立した家庭の定期保険や収入保障保険(逓減定期保険)はそれに該当します。

大きな死亡保障を割安の保険料で得られるのが魅力ですが、これは子供が自立するまでの生活費などの保障を割安な保険料で得られるという、子育て家庭に必要な保険になります。

ある程度歳を取ったり、遺した妻や子供の生活費を考えなくて良い家庭には有効な商品とは言えません。


 

 

大手の生命保険は大抵、60歳や65歳で特約部分の医療保障は期限切れになり、継続するには医療特約部分だけを更新しないと保障の継続ができなくなります。

ですが更新をするとその時の高くなった年齢に応じた保険料に更改されるため、保険料が極端に高くなります。

更新して高い保険料を払い続けるのは、高額な保険料に年金が食われてしまうことになります。


 

 

保険会社の規模の大小にかかわらず、更新型の保障形態は生涯一定の保険料にすることはできず、10年や15年毎の更新をする度に保険料が高額になります。

かといってそれまで加入していた保険を解約して新規に生涯保障の終身医療保険に加入するというのも、高齢者であるため「健康状態」と「高額な保険料」という高いハードルをくぐらないといけません。

そうならないよう、現在更新型の保険に加入しているのなら、定期医療保険(特約)などの場合早めに解約して生涯保障の保険に見直す、更新型であっても定期保険のようにある年齢までの保障の為に使う目的ならそのまま継続するなどの判断を、今すぐすべきでしょう。


 

 

また、老後もかっちり保険金を出してくれるような生命保険会社の保険商品にしたいなど、いろいろな条件が出てきてしまうものです。
生命保険会社の評価とランキングのような保険サイトなどを参照して、保険会社の様子などを見たくもなるでしょう。生命保険は老後を保障してくれないと意味がありません。やはり将来が安泰と思える保険会社の商品に加入したいですよね。

 

通常の年金受給者なら、保険料にかけるお金を貯蓄に回せば、公的保険だけでも十分と考えられるので、「定期」型保険の加入者であれば、65歳で保障を打ち切ってもいいかもしれません。

 

また、保障の重複も無駄な保険につながります。特に医療保険とがん保険は重複しがちです。
病気での入院に対しては、公的保障である健康保険があり、高額療養費という制度もあるので、現役時代は、とりあえず公的保障に頼るのも一つの手です。
重複しないよう医療保険よりがん保険の加入を優先して検討することです。

保険を見直すときに必要な「必要保障額」とは

さくら 保険を見直すときに必要な必要保障額とは、死亡保険で準備しておくべき大体の目安の金額を指します。生命保険に加入する場合、その人のリスクに合わせて入らないといけません。
例えばご主人が不慮の事故や病気などで他界したとき、末子が大学を卒業するまでの生活費と教育費は生命保険で十分保障されていますか?の金額が必要保障額

 

生命保険のランキングサイトなどは、保険料の安さなどでランキングをしていますが、安さに気を取られて必要な保障額を満たしていないと、万が一があった後の残された家族の生活費が数年で尽きてしまうこともあるようです。
生命保険には、被保険者が亡くなった時に備える死亡保障と被保険者が病気やケガで入院した時に備える入院保障があり、どちらも過不足なく、適切に加入することが大事です。
必要保障額を算定するには、まず、公的保障や貯蓄などで不足する死亡保障や入院保障を算出し、大体の目安額を検討しないといけません。
公的保障や貯蓄などでは不足する分こそが、必要保障額になるからです。

 

必要保障額は、家族構成や世帯を支える人の年収などで異なり、個々のライフステージによって違ってきます。
たとえば、子供の教育費は、すべて公立に通うとなると約1,000万円、すべて私立に通うとなると約2,400万円もかかります。
子供の教育費は、大学まですべて公立学校に通わせたとしても1,000万円以上はかかります。自分にとっての必要保障額を見極めることはとても大事なことで、時間の経過やライフステージの変化で必要保障額は変わってくることを認識しないといけません。

保険の見直し。保険会社の営業vs保険の無料相談

保険の見直しをする場合、保険会社の営業と保険の無料相談がありますがどちらがよいのでしょう。
これは一概にどちらが良いかは言えません。
どちらも優秀なところなら、遜色はないでしょう。ただ、保険の見直しをする場合、保険会社の営業マンに相談するとしつこくて面倒ということがよくあります。
また、その人がどの程度のレベルの保険のプロなのかも分かりません。

 

保険会社の営業の場合、契約するまでしつこく電話をかけてくることがたまにあります。
その点、保険の無料相談であれば、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーが、それぞれのライフスタイルやライフプランにあった保険のアドバイスをしてくれます。その点においては、保険会社の営業マンに見直しを相談するよりはメリットがあると言えます。
紹介されるFPは1社だけでなく複数保険会社の商品があつかえる一定レベルのFPなので保険会社の営業マンと違って、どんなレベルか分からないというような心配がありません。
難しい保険の内容や仕組みをわかりやすくじっくり説明してくれるので、保険のことが理解できるようになります。

おすすめ生命保険の無料相談

保険マンモス1

 

FP(ファイナンシャル・プランナー)は高度な国家・公的資格保持者で、保険・税金・相続・家計などお金に関する専門家。保険マンモスはFPを無料で派遣して保険と家計節約の相談してくれるサービスです。もちろん保険見直し相談は何度でも無料

 

保険マンモス2

 

保険マンモス3

 

子供が社会人になるまでの年数が短くなるにつれて、家族を保障するための保険金はすくなくて済むようになります。家族の将来に必要な保険金額をしっかり計算することで保険のスリム化のお手伝いができるのです。

 

保険マンモス4

 

保険マンモス5

 

保険マンモスは、FPがご自宅や会社などを訪問してくれる、生命保険無料相談サービス。お客様満足度95%、FPの保険見直しプランが気に入らない場合は簡単に断れる気軽さが好評。相談は何度でも無料!

 

保険マンモス6